石けん

2009年7月15日 (水)

最近の石けん

久しぶりの石けんです。

Imgp8567

夏用に涼しげな石けんと思い、ブルーの石けんを作りました。(また・・・笑)
久しぶりにカレンデュラを入れた石けんです。カレンデュラのインフューズドオイルは少し黄色っぽかったんですが、きれいな青になってくれてよかった。

もうひとつ。

Imgp8578

白い石けん。
実はこれ、松本クラフトフェアに行って、白磁のとりこになって作った石けんです。専門的なことなので確かなことは言えませんが・・白磁の原料に陶石としてカオリンが使われているそうです。
カオリン!よく聞く名前です。ということでホワイトカオリンを使って白磁をイメージした石けんを作りました。もっとマットな感じにしたかったんですが、やっぱり夏場・・・マットな石けんは難しいです。
下のお皿は今一番気に入っている白磁のお皿。この色いいなー。

今友達の結婚式用に石けんを作っています。その数70個。予備も合わせて90ぐらいは作ったかな。

Imgp8582

もう石けん棚に入りきりません。写真はカットしたてでカスだらけですが・・(汗)
やっと全部きれいになって、あとはラッピングを待つのみです。

この棚の中に小さな除湿機を置いていたのですが、やっぱり夏場はだめですね。酸化が始まってしまいました。なのでこの子達は冷蔵庫へ。。こんな姿で冷蔵庫に入ります。

Imgp8607

できるだけ空気を抜いて、さらに空気が入らないように。(ガムテープは意味があるのだろうか・・・笑)
これは冷蔵庫から出した時に空気に触れないようにするためです。空気が触れると石けんが汗をかいてきてしまうんですよね。。空気に触れないようにして、常温に戻すといいと聞いたことがあります。
少し乾燥させたら、次はココに入ります(笑)ココでラッピング待ちの準備をして、完成したものをまたココに戻します。
ワインセラーは保温の時に使うというより、このラッピング準備の時に活躍してくれます。ラッピングしたまま冷蔵庫に入れると、紙が濡れる恐れがあるし、数的に一度にラッピングができない時などは便利です。
まあ、そのためだけに買うのもどうかと思いますが。。

今回ネットで販売をしようか迷ったのですが、種類も少ないし、酸化も始まってきてしまったので残念ですが、今回は見送ろうと思います。申し訳ありません。。。

上の2つの石けんも冷蔵庫に入って、9月に出番を待ちます。石けん全部合わせて120個ぐらい入ってます。。以前のうちで使ってた冷蔵庫が石けん用として役立ちました。でもオイルも入ってもう一杯・・・

そしてまた夏場は実験石けんや、透明石けんを作ろうかなと思っています。またできたらアップしますね。(気長に・・・)

|

2009年4月29日 (水)

ぼちぼち・・・

Imgp7957

お久しぶりです。。
そろそろ引越しの後片付けも落ち着いてきたので、少しずつ復活の準備を始めています。石けんを作り始めたり、HPの日記を書き始めたり。
そして長いこと放置していた(!)個展で余った石けんたちの販売の準備も始めています。

冬だから大丈夫と思い安心していたら酸化していたのもいくつかあって・・・(涙)油断はできないのですね。でもその中でもハーブをインフューズドしたオイルを使ったものは比較的無事なものが多かったです。そのせいなのかな?

販売を考えているのは石けん7種と、以前紹介したSomething Four 。Something NewはもうNewではなくなってしまいましたが・・(汗)まあ気持ちということで。よく考えたら自分の分のSomething Fourがなかったので1つは自分でこっそり使って、1つだけ販売しようと思います。
あれから4ヶ月も経ってしまい・・個展?なんだそりゃって感じの方も多いと思いますが・・・。少量ですが、石けんも作成から4~5ヶ月ほど経って使い心地はよくなっているかと。

そしてせっかくなので個展で出した以外の石けんも一つ。これも去年の11月に作ったものです(汗)ずっと作りたかった石けんの一つ。
去年の夏、甘酒を牛乳で割ったものを毎日のように飲んでいました。甘酒の牛乳割りは平安時代に流行っていたそうでこれを「醍醐」と呼ぶそうです。そうです。。作りましたよ。「醍醐」そのまんまです。

Imgp8013

牛乳と日本酒、酒かすを入れた石けんです。おまけにイノシシの脂も入ってます。むふふ。本当は冬に出したいレシピだったんですが・・・作りたてはお肌がざらざらとしていて汚かったんですが、半年も経ったら少しきれいになりました。
これを見ていたらまた甘酒牛乳割が飲みたくなりました。冷たくても、暖めてもおいしいです。さらに生姜を少し入れるとさらにおいしい。もちろん、甘酒は砂糖が入ってない無添加のものを使います。砂糖が入ってなくてもとっても甘くておいしいのです。「醍醐」は「醍醐味」の語源となったもののようです。最高の味。

今ショップの準備をしているので、販売できるのはゴールデンウィーク明けぐらいかなあ。細々と販売しますのでその時はよろしくお願いします。

Imgp8007

この間久しぶりにキッチンソープを作りました。今回は初めて水道水を使ってみました。精製水より溶けにくいんですね。全部溶かしたつもりだったのによく見たら底のほうに塊が残っていてびっくりしました。これもコスト削減(笑)その分値段を下げられたらいいなあ。
そして決めたことが一つ。もうこれからはアクリルモールドを使うのをやめました。今まで近所にあった「はざいやさん」は遠くなっちゃったし(笑)。いや、そうじゃなくてやっぱり相性が悪い。さんざんいろんな方法を試してみたけれどやっぱり相性が悪い気がする。これからは最初に使っていたシリコンか、木型で作っていこうと思います。初心に戻ってぼちぼち始動。
今まで皆さんのところにも遊びに行けずにいましたが、少しずつまた遊びに行きます。(とゴールデンウィークを前にして少し気が大きくなっている私)がんばります。

|

2008年12月13日 (土)

石けんいろいろ

ぎりぎりになってしまいましたが、ショップの石けんの紹介です。
今回は私にしてはがんばりました~(つもり)

Imgp7177_2

前回もご紹介したMILDです。
オーガニックのカレンデュラを漬けたスイートアーモンドオイルとアボカドオイルを使って作りました。今回はキャスターオイルもオーガニックを使いました。無香料です。

Imgp7171

ククイナッツの石けん。やっと作れました~。
ククイナッツとマカダミアナッツメインの石けんです。やっぱりこの石けん私には欠かせない石けんです。今回は贅沢にオリーブなしです。

Imgp7191_2

今回のシアシリーズはスイートアーモンドオイルです。
ピンク、ローズクレイでラインを入れました。ちょっと上がポコポコしてますが・・(汗)まあそれもご愛嬌で・・・。

Imgp7230

よもぎの石けん。
SFでヘンプシードオイルを使ってます。中のコンフェはカレンデュラを入れてあります。

Imgp7213

いつものキッチンソープ。
ちょっとカラフルにみずたまを入れてみました。白い斑点が出てしまったんですが、これが雪っぽくてかわいいかな・・なんて一人で自己満足です。。(ごめんなさい。。。)

Imgp7164

最後はマルセイユ。あれ?マルセイユですか?って感じですが実はこれずっと暖めていた企画です。(また企画モノ・・)
マルセイユはやっぱり私にとって原点。初めて手作り石けんを使う人はぜひこの石けんを使ってもらいたいと思っています。初めて石けんを作る人もまた然り。
私の中ではマルセイユが原点であり、ほかの石けんは全てマルセイユと比較して作ります。マルセイユより保湿成分を多くする、マルセイユより泡立ちをよくする、マルセイユより固めにする・・・等々。色々な素材を使いすぎたりしてちょっと感覚がおかしくなる時があります。そんなときはマルセイユをしばらく使ってニュートラルに戻します。栄養たっぷりもいいけれど、たまには必要最小限のもので大丈夫なんだ~ということを肌にわからせてあげるのもいいものです。
初めての方も、そうでない方もはじめましょうマルセイユ石けん!ということで名前は「Begin」 にしました。「begin」にはもう一度始めるという意味もあるそうですね。(ほんと?)もう一度原点に戻って考えてみたいそんな思いもこめて作りました。
そして熟成期間は約3ヶ月とってあります。毎回販売は難しいですが、このBeginを販売するときは熟成期間を3ヶ月ぐらいはとってから販売しようと思っています。
今回初めての試みです。。どうぞよろしくお願いします。

Imgp7234

今回のラッピング。あじさいとペッパー。偶然にもクリスマスカラーですね?(いや、本当に偶然なんですって・・別に偶然じゃなくてもいいんですが。。。)
今回はこのどちらかのラッピングでお届けする予定です。

実はこのあじさいにはちょっとした話があって。。とある花やでこのあじさいを買ったんですが、買った時にクラフト紙にくるくるっと巻いただけでもらったんですよね。しかもすごい大きな紙で中身の花も見えなかったんです。その日は大荷物で下を向けて持ってたんですが、家に帰ったらあじさいがありませんでした・・・。どこかで落としみたい。輪ゴムでも留めてなかったしーー。あり得ないですよね?
次の日また同じ店に行って訳を話したら少し安くしてくれました。今度はしっかり輪ゴムでとめてもらいました。

そんな話はどうでもいいんですが、来週の月曜日15日(金)21時より発売です。
どうぞよろしくお願いします。

あっ石けん教室の募集もしてますが、その記事はまた今度アップします。(もうずいぶん長いですよね・・すみません)

|

2008年11月10日 (月)

石けんいろいろ

Dm_hiyori_2

Chemical Lavoratory
-phyto animal 植物と動物の力-

■日時

2008年11月22日(土)~11月28日(金) AM11:00~16:00 (土日祝は17:00まで)

■場所

日和 (神奈川県 二宮町)

■参加者

いわもと まきこ       植物のリースなど

Handmade  soap Rucy   石けん

しつこくてすみません。。
今日は石けんの紹介です。

Imgp6727

今回のメインとなる石けん。その場でカットして量り売りをします。上の写真はホエイの石けんです。

Imgp6764

量り売りようの石けんをもうひとつ。無謀にもガーゼでくるんで固めてみましたが、なんとかうまく固まりました。ガーゼの目が細かかったのかな?全くもれることなくできました。初めての試みなので成功するか不安でしたがなんとか成功してほっと一安心。
ガーゼを開けると石けんには絞った後がしっかり残っていて、茶巾絞りみたい。外国ではこんな風に作っていたとどこかで聞いたような。。
この石けんはジャスミンを漬け込んだオイルで作りました。生クリーム入りです。

Imgp6716

いつものはちみつの石けん。いい色になってくれました。同じように作っているのに毎回微妙に色が違うのは使っているハチミツが違うからかな。今回は国産のアカシアハチミツを使用しています。

Imgp6687

3種のキューブはバイキング形式で選んでもらう予定です。これも量り売り。
右から、ハチミツ、ピスタチオパウダー、マルセイユです。選んでもらった石けんは紙でキュッと絞ってお渡しする予定です。

Imgp6769

日和さん宅の廃油を使ったキッチンソープ。
廃油ってその使った場所によって色や使い心地が違うんでしょうね。日和さんのおうちの廃油はきれいな色になりました。

今回は初めての試みがいろいろです。
でも楽しみながらできればいいなあ。

最近急に寒くなってきましたね~。さむい。さむい。
おかぜなどひかないように。

|

2008年10月 6日 (月)

トレハブルー

Imgp6202

ものすごく久しぶりの石けん紹介です。。。
石けんを作っていないわけではなく・・・なかなか乾燥しなくて皆様にお見せする状態にならない・・というのが現状です(汗)
今月の販売までになんとか見られる姿になるでしょうか(不安)

今回はまたもやトレハロースの石けん。やっぱりトレハロース入りは大好きです^^
びみょーにグラデになってます。上がウルトラマリン、下が藍です。(かなり微妙)今回はトレハロースだけではなく、ホホバビーンズブルーも入れてあります。白い生地に青いツブツブ見えればいいなーと思いましたが、やっぱり見えませんでした。

ホホバビーンズ、shabon colorのemiさんのところでもご紹介がありましたね。石けんにした時の使い心地のよさはemiさんの石けんでよーく堪能させてもらいました(笑)私は今までは石けんに入れるのではなく、ヨーグルトと混ぜてスクラブとして使っていましたが、石けんを直接顔に当ててゴリゴリするのも気持ちがよいです。

Imgp62151_3

でも今回、いつもと同じトレハロースの量なのに析出してしまいました。。お肌が汚い。。こんな感じになっているのがいくつかあります。。すみません。。あっでも香りのブレンドはすっきりしてお気に入りになりました。

■トレハブルー
オリーブオイル 太白ごま油 アボカドオイル(精製) ココナツオイル
パームオイル ラード
OP トレハロース ウルトラマリンブルー 藍 ホホバビーンズブルー ホホバビーズワックス(すみません。。間違えてました)
EO クラリセージ サイプレス レモン

今回から(前もちょっとあったけど)バッチ数を増やしています。種類は少ないのですが、これでなんとか。。

Imgp61841

販売は10月下旬の予定です。
そういえば(笑)まだ石けん教室中級者2名募集しております。よろしくお願いします。

Imgp6023

当日は私のいとこが作ってくれたおいしいお菓子でおもてなししたいと思います。(食べ物で・・笑)あっほんと~においしいです^^

詳しくはこちらから。

|

2008年9月 2日 (火)

MILD

こんにちは。暑さがぶり返してへばりますね。。。

友達に肌が弱い人がいます。市販の石けんはおろか、てづくり石けん(私のやつ・・)も体には使えないとのことでした。さらに、私の姉もあまり肌が強いほうではないのですが、私の石けんを使ってみて「なんだかヒリヒリするよ」(身内って容赦ない)・・・・。なんだか色々考えてしまいました。

私が石けんを作る時に意識していたのは、使い心地のよさはもちろんですが、手作り石けんといえども泡立ちがいいこと、ある程度固さがあること。できるだけ使いやすい形でお届けできればいいなあと思っていました。販売の形態にもよりますが、あまりすぐに酸化してしまうようなレシピは避けたいと思っていたことも理由の一つです。
私自身が肌が強いということもあって、私のレシピは上で述べたような「本当に敏感肌」の方用のレシピではなかったかもしれません(人によると思うのでなんともいえませんが・・)

やっぱり反省・・・
「使いやすい」石けんもそうですが、もうちょっと「肌あたり」をやさしくしたレシピを考えてみようと思いました。その結果がこれ。。

Imgp5550

固まらない。。(あまりにも柔らかいのでリネンの上に置けず。紙をひいてます。。)
限度が・・・って感じですよね。ちなみにレシピは


ヘンプシードオイル 月見草オイル マカダミアナッツオイル キャスターオイル
ラード コクムバター OP 尿素
  DIS 15%

です。いかにもありありなレシピですが入れればいいってもんじゃないですよねえ。ハードオイル、バターも入れて15%だから固まると思ったんだけど、やっぱりリノール酸(リノレン酸)40%ではいつまでもやわやわなままでした。まあ実験石けんですから。
でもディスカウント15%の石けんというのは初めてです。こんなになったのはディスカウントの問題だけじゃなくて、オイルの構成の問題だと思いますが、それにしても本当に魚の卵みたいで気持ち悪いです。。(私魚の卵って見た目も味も嫌いなんですよね。。)
柔らかいのなら容器に入れてしまえ!と思い、無理やり詰め込みましたが無残。。↓あまりにもひどいのでピントをはずしてあります(笑)最初から入れてればまだなんとかなったかな。。。さらにこの暑さで即効酸化しました。。ああ・・さようならヘンプシードオイル。高かったね。。今度はちゃんと石けんにしてあげるからね。。。

Imgp5557

このままじゃいかんと思い、次に作ったのはカレンデュラインフューズドのオイル。冷浸出で2週間漬け込みました。時間がなかったので漬け込む時間が少なかったなあ・・。でも今度は固まりました。よかった。こんなチーズケーキがありそうですね?

Imgp5568


スイートアーモンドオイル(in カレンデュラ) アボカドオイル(精製) シアバター(精製)
ORGキャスターオイル ラード
OP カレンデュラパウダー ORGカレンデュラ
(DIS 15%)

未精製のものって効きそうな気はしますが、やっぱり不けんか物が多いっていうのは良くも悪くも効果がありそうな気がします。普段は未精製を好んで使っていますが、今回はアレルギーなどのリスクを考えてあえてアボカドもシアバターも精製のものを使用しました。下の茶色い部分にはカレンデュラパウダーを混ぜてあります。

おおっぴらには言えないですが(汗)今販売をしているわけではないので・・・
私は自分が肌が弱いわけではないので、なかなか気がつくことができなかったんですが、全ての手作り石けんが「肌に優しい」というわけではないんですよね。もちろん人によって使用感は違うので一概には言えないですが「本当に」肌が弱い人のためになるような石けんのレシピをもう一度よく見直さなければいけないなと思いました。そして今後はできれば私が今まで作ってきたレシピの石けんと2本立てで、作っていければ・・と考えています。まだ実験中なので販売するのは先のことになると思いますが・・・
そんな石けんが販売できるようになったら名前は「MILD」。そんな名前があったらあ~あの石けんかと思っていただければうれしいです。

|

2008年8月25日 (月)

いただきもの

またご無沙汰してしまいました。。。夏休み(自主的)に活動的に(家の中で)動いていたので、調子づいて仕事が始まっても同じペースで張り切っていたら前半でつぶれました(笑) 仕事中はなかなか思い通りにいかないな~・・。

さて、ずいぶん前のお話ですが、石けんを買っていただいたお客さんから珍しい油があるのでお使いになりますか?と声をかけていただきました。そしていただいたのがこちら。

Imgp5382

イノシシの油です!
精製はされているようなので、匂いもありません。
このイノシシの脂、冷蔵庫に入れても固まらず、かといってオリーブオイルなどのようにさらっとしているわけでもありません。調べてみたところ、イノシシ脂の融点は動物脂の中でも低いとされているラードよりも低いそうです。確かに冷蔵庫に入れて、ラードは固まるのに、イノシシは固まりません。さらに、イノシシの脂は他の動物性の(牛や豚など)に比べて飽和脂肪酸が少なく、不飽和脂肪酸が多いことでも有名です。どこを探しても詳細な脂肪酸の割合が載っていなかったのですが、とりあえず不飽和脂肪酸が多いということは肌に優しい成分が多いということじゃないかしら?
けん価率もどこを探しても載っていない。。ラードのけん価率が0.141(前田さんの本から)、ソフトオイルで一番高いのはマカダミアナッツオイルの0.139。なのでその間をとって0.14で計算しました。

Imgp5425

オイルを溶かしたところはこんな感じ。夜撮ったので暗いですが。。まだちょっにごった感じですが、そのまま石けんにしてみましたよ。

Imgp55201

できた!なんとか石けんになりました~
この時期なのでかなり透明がかって(汗)ジェル化しましたが。。ほんのり黄色っぽいベージュです。そしてちょっとでもかわいくしようと思って入れたピンクのみずたまが逆になんだかイノシシっぽくなってしまいましたが・・・

■イノシシの石けん(!)
オリーブオイル 40% イノシシの脂 20% ラード20% ココナツオイル 10% キャスターオイル 10%
OP コンフェティ石けん(ローズクレイ)
EO マジョラム リッツクベバ ローズマリー

今回は珍しく割合も載せてみました。イノシシ、ラード合わせて40%とちょっと冒険してみました。動物オイルばっかり。。(笑)
早速使ってみたところ、特に肌に負担を感じることもなくしっとりした感じです。そして何より泡立ちがとってもよくてシャンプーには最適でした。ココナツとキャスターの分を引いても泡立ちがよくなったと思うので、やっぱりこれはイノシシのおかげかなと思います。イノシシの脂はハードオイルというより、ソフトオイルとして使っていいのかな~という感じです。
まだまだ余っているので、今度はもう少し高配合で作ってみたいと思います。ああ、ちゃんとイノシシも石けんになるのね。ちょっと感動です。

今回イノシシの脂を送ってくれたTennyさん、本当にありがとうございました。
(私信・・すみません)これだけじゃなくて本当にいろいろ送ってくれて・・・あんずジャムは本当においしくて今度はお金を出して買いたいぐらいです。まだ解禁したてなので、もう少ししたらお送りしますのでよかったら使ってみてくださいね~

・・とこんな実験ばかりをしている私です。そしてさらに実験石けんは続く~。
エアコンに負けずまた近々アップがんばります!(こんなに涼しいのにまだ会社エアコンつけてんだよ・・)

|

2008年8月15日 (金)

透明石けん

ただいまお盆真っ最中ですね。みなさんどこか旅行などされているのかしら。(そんな中で更新・・笑)私は本来は仕事はお休みじゃないのですが、今週の初め会社に行ってとうとうぶち切れてしまいました。。今まで何度も訴えているエアコンの件。「もうちょっと待って」といい続けそのまま全く改善がないので、頭にきて「今週一杯休みます!」と言って早退してきてしまいました。。あ~やっちゃった。来週どうなっているかこわい。でもエアコン直撃の席に座って仕事しなきゃいけないぐらいなら、辞めます。

石けんの話でした。。ということで今週一杯お休み。ソーイングやら実験石けん作ったりとのんびりすごしてます。そして以前から一度は作ってみたかった透明石けん。やっぱり作るなら夏でしょう。ということで作ってみましたよ。あっ今回も長文です。。

大変だったのが分量の割合。前田さんの「石けんのレシピ絵本」を参考にして、パーセンテージで考えてみました。石けんにするための分量はまあなんとなく予想はつきました。けんか率は私の計算で言うと、100%以上。私のけん化価は前田さんを参考にしているのでたぶん間違えはないと思うんですが。。ちょっと大目にしているのかもしれませんね。
ここで考えたのが添加物、グリセリンやグラニュー糖などの割合。本にはgでしか記載がないので、パーセンテージじゃないと好きな分量作れないですよね。なのでちょっと計算してみました。あ、パーセンテージは切り捨てです。


■石けんにするための材料

400g(オイルの総量)
ひまし油     120g 30%
パームオイル  200g 50%
ココナツオイル 80g  20%

水分 120g (30%)  
苛性ソーダ 61g (けんか率 100~102%?) 

■添加物
グリセリン    88g (油脂量に対して 22%)
グラニュー糖  94g   (23%)
精製水     70g  (17%)
エタノール   190g  (47 %)

添加物、22+23+17+47=109% ・・・・ 100%じゃないじゃん。。念のため、油脂量+水分量の割合で計算してみましたが、もっと違いそう。。なんとなく100%にならないと気持ち悪いのは私だけ?
気になったのでこちらのサイトで調べてみました。

http://www011.upp.so-net.ne.jp/laa_g/index.html

それによると、

  • グリセリンを、総油脂量の22~25%
  • グラニュー糖を、総油脂量の22~25%
  • 精製水(透明化剤用)を、総油脂量の15~20%
  • 無水エタノール(エタノール、消毒用エタノール可:日本薬局方に限る)を、総油脂量の30~45%
  • また「石けん」を作る際の材料は

  • 常温で固体の油脂を、総油脂量の約75%
  • 常温で液体の油脂を、総油脂量の約25%
  • 精製水(Naoh水溶液用)を、総油脂量の30%
  • とするのがいいそうです。ふむふむ。前田さんの量はだいたいこの範囲ですね。でも添加物(グリセリンとか)は合計100%じゃなくてもいいのかな。この範囲でだったら100%でもかまわないんでしょうか。。どなたかご存知の方いらっしゃったら・・・教えていただけると・・。

    また前置きが長いです。
    レシピを悩んだ末

    キャスターオイル    25%
    グレープシードオイル  5%
    パームオイル      25%
    ラード           25%
    ココナツオイル     20%

    のレシピで作ってみました。添加物は本のとおり(上記に書いたとおりです)。なんだよグレープシード5%って!感じですがちょっと色をつけたかったんです。。しかしビビッてこんだけ。(酸化したらいやだし。。)けんか率は100%プラス苛性ソーダ2gほど入れました。スーパーファットもなしのシンプルレシピです。

    ①普通の手順どおりに石けんを作ります。オイルは80度。苛性ソーダ水は60度にして固めのトレースが出るまで混ぜる。トレースが出たので保温箱へ。このとき温度70度ぐらい。ほんのり緑色か。

    Dsc00751_2

    ②グリセリン、グラニュー糖、精製水をなべで溶かし、沸騰させたものを入れる。(このときグラニュー糖をこがさないように) 加えて軽く混ぜたところ。なんだかぶつぶつが。。この時温度68度ぐらい。

    Dsc00759

    ③保温箱で30分ほど寝かせたあと、無水エタノールを加える。温度は65~75ぐらいに調整する。エタノールを入れたら泡が・・これで大丈夫なのか??

    Dsc00762

    ④2時間保温した後タネの色が変化したところ。おおちょっと透明になっている。でも緑・・なくなってる。表面の膜をこして型に入れて固めます。

    Dsc00764

    ④型入れした所。型に入れる直前に着香しました。入れた時点で膜が・・。さらに気泡が・・。

    Dsc00766

    ⑤固まったところ。結構時間がかかりました。3~4時間ぐらいかな。余剰の脂肪酸の膜ができるという話でしたが、あまりない。。そしてシワシワ。。

    Dsc00772

    ⑥膜をとろう!と思うがゴムベラでは到底取れず木のスプーンを使うが取れず。削るだけなのであきらめました。

    Dsc007801

    ⑦型から取り出し、ぬるま湯であらい乾燥させる。乾燥させたところ。(ここからデジイチ笑)緑なのか?よくわかりません。。

    Imgp5525

    透明度のチェック。

    Imgp5529

    おお~けっこう透明なんじゃないですか?(DMが・・)

    Imgp5540

    透明だとこんなふうにびんに入れても涼しげでいいですね。

    透明石けん作りは思ったよりそんなに手間ではなかったです。めんどくさそうな温度管理も最初にきっちりはかっておけば、わざわざ暖めたり、冷やしたりすることなく自然にすすんでいきました。たぶん夏場に向いているんでしょうねー。ただ保温箱で保温するとき、おなべが保温箱に入るか、なべの上にボールをいれてもふたが閉まるか(笑)それを事前に確認しておく方がいいと思います。あと、最初ステンレスで作っていたのですが、80度ぐらいまで温度を上げるとステンレス・・・なんだか危険っぽくて(ちょっと変なにおい?)慌ててガラスにしました。高温はステンレスよくないのかな~。今度作るときは最初からガラスで作ろうと思います。
    油脂の量400でもできあがりは750~800ぐらいになってしまうんですね。まあエタノールが蒸発してすくなくなるんでしょうが。。でもこんなに!いらないので、次回はもうちょっと分量を減らして作りたいです。

    初めての透明石けん。楽しかったです^^ 今度はまた色をちょっと変えて作りたいな~。でも熟成に6週間かかるから夏っぽい透明石けん、実際に使えるのは秋ですね・・。まあいいか。
    長文おつきあいありがとうございました~

    |

    2008年8月10日 (日)

    廃油キッチンソープ

    お久しぶりの更新です。ブログもHPも放置ですみません。。
    夏バテしてました。。今週の土日は比較的涼しかったので、なんとか復活。去年夏バテなんかしたかな~?今年はなんだかやけにつらいです。早く涼しくなってほしいです。。

    この間ずうずうしくも*simple*のayacocoさんから「廃油で作ったキッチンソープ」をいただいちゃいました。

    Imgp54411

    右が「たんかんちゃん」 左が「廃油レモン石けん」(ですよね・・?)です。
    廃油レモン石けんはショートニングが使われていて、汚れがよく落ちると評判だったということで送ってくださいました。廃油とは思えないきれいさです。そして廃油レモン石けんを使ってみましたが、本当によくおちるんですよ~これが!
    そしてさらに、私が廃油がなくて廃油キッチンソープ作れないんですよーーと泣き言を言ったらayacocoさん、廃油まで送ってくださいました。うう・・・(涙)お手間をかけてしまって。本当にありがとうございました。廃油全然もれてなんかいなかったですよーー。

    せっかくいただいた廃油!早速石けんを作ってみました。
    そしたらなんだかとってもきれいなキッチンソープができました。。しかもこの暑さの中ジェル化しなかったし。なぜ?

    Imgp54681

    ■キッチンソープ
    廃油(キャノーラ&大豆) パームオイル ココナツオイル ミリスチン酸
    OP レモン果汁(水分の半分量)
    EO シダーウッド ジュニパーベリー ローズマリー
    FO ジャスミン ジンジャーライム

    柑橘系の果汁がいいということだったので、水分の半分量に使ってみました。香りがなんだかとんでもないことになっていますが^^; 結局はほのかにジャスミンって感じかな。廃油の香りはしません。
    あろうことか、2週間ぐらいで我慢できずに使ってしまいましたが汚れもすっきり落ちます。あっでもさすがに使い終わった後、手が乾燥するかな。あと2週間やっぱり待とう(笑)

    しかし、私がキッチンソープを作ると季節にかかわらず、ほとんどといっていいほど、ジェル化しません。ハードオイル高配合のせいか?ディスカウントが低いからか?ちなみに木型で作って型入れ時は温度40度ぐらいありました。

    それにしても初の廃油キッチンソープ!楽しかった~。まだ廃油はたっぷり残っているのでたくさん作りたいと思います。ayacocoさんありがとうございました。

    |

    2008年7月28日 (月)

    藍の石けん

    今日は「藍」を使った石けんです。
    藍はどのぐらい使ったら、あのきれいな「藍」色になるのか・・というのを一度実験してみたかったのです。ワークショップの前に一度試しにマルセイユを作ってみたので、ここぞとばかりに実験!と思いおもいっきりいれてみました。出来上がったのがこちら。牛乳パックで作ったので、真四角です。

    Imgp5300

    きれいな藍の色が出たんですけどね。。
    私は藍の色を出すときには染料屋さんの「藍パウダー」を使用しています。こんなの。

    Imgp5305_2

    だいたいいつも使うのはこれぐらいの量です。ほんのちょこっと。それに精製水を入れると。

    Imgp5310

    こんな風になります。溶けてはいません。でも上澄みだけでなんだか真っ黒。(真っ青?)いつもはこれをビビリながらクレイなどと同じようにトレースが出る前に少しずつ入れていきます。少しだけ使った色はこんな感じ。

    Imgp3614

    うすい水色って感じでしょうか。
    上の藍の色と比べるとずいぶん控えめです。でも上のような「藍」の色を出すには本当にたくさんの量を入れました。たぶん上の写真の上澄み液全部ぐらいは使ったと思います。私が使っているのは染料屋さんのもので、藍は色づけのため、カラーラントの感じで使っています。なのであまりたくさん使うのもなんだか気が引けます。。
    しかもお玉1.5杯分ぐらいの量を色付けしたので、余計量を使ったのかもしれません。場所によっては藍の色だけたっぷり~の場所もあるし。こんなにたくさんの量を使わずに、白い石けんにお玉半分ぐらいの量ではっきりしたコントラストをつけたりするときれいかもしれませんね。(私は鈍感肌なので、使っても使用感に問題は全くありませんでしたが)でもどちらかというと、私はうすい水色ぐらいの方が好きかなあ。。でもこれだと藍ってわからないんですよね^^;

    でも何より・・これを作ったときに始めてブレンダーを使ってみたのですが。。

    Imgp5302

    気泡というか白い粒々が・・
    う~ん。。。私は基本ブレンダーを使わないので、あまり慣れていないのです。泡だて器と交互にやったのにな~。でも石けん教室でマルセイユを作るとなると、ブレンダーは必須ですよね。この間はポマスを使用したのでなんとかブレンダーを使用せずにすみましたが、色が緑っぽくなってしまって。。やっぱり白い石けんの方がよかったかな~と反省しているところです。でも以前はポマスを使用してもあんなに緑っぽくならなかった気がするのに。。。やっぱりオイルも同じものを買ってもその都度違うんでしょうかね。。
    気泡が入らず、うまいブレンダーの使い方を伝授していただきたいです。

    夏は販売用の石けんはお休みしていますが、実験としてこそこそと石けんを作り続けています。この間BG抽出ヒースの石けんを作りました。水分の3分の1ぐらいをBG!苛性ソーダにBGを投入したときはそんなにすごい感じではなかったので油断していたのですが、オイルと混ぜたとたん固まりました。。うわ~本当にこんなの初めて。BGといえどもアルコールの一種だし、加熱してアルコールを飛ばしていればこんなことにはならなかったのかもしれませんね。。まるで透明石けん、もしくはホットプロセスで作った石けんのようです(たぶん本当にホットプロセスぐらい熱が上がったんでしょう。。)恐ろしくて画像はとっていませんが。。

    なんだか更新もますます滞りがちですが^^; いろんな石けん、できたらこれからもちょっとずつアップしていきたいと思います。

    |

    より以前の記事一覧